トップページ      花日記<2019年7月8月>
花日記<2019年9月・10月>  

   2019年9月15日  ブルーエルフィン
  ↑見た目は繊細な花ですが、とても丈夫で夏中暑さに負けず、次々と咲いていました。
   花の形がチョウチョのようでかわいらしいです。
   2019年9月14日  満月
↑AM3:20分 城山の後ろに沈む満月(ベランダから)
中秋の名月の翌日の9月14日は、満月が今年一番小さく見える日だそうです。
今年2月が、もっとも大きく見える満月でした。
   2019年9月13日   納涼祭
母の入居している、老人ホームで納涼祭がありました。
お昼を家族と一緒に食べて、2時過ぎから
お茶の時間に、いろいろな催しがありました。
クイズをしたり、スイカ割をしたり、
踊りのグループの方たちが
踊りを披露してくれたり一緒に踊ったり、、、。
とっても元気な踊りの先生は、84歳でした!
スタッフの方々も一生懸命楽しそうにやってくださり、
ありがたいことです。
ホームの入居者は60代後半から90代後半です。
最高齢者は98歳のお爺さんだそうです。
入居したときは寝たきりだったのに、
今では車いすになったということです。
母は2番目の高齢者でした。
 帰りに、なんとなく調子の悪いタブレットの調子を見てもらいました。
 パソコンもあいかわらず調子が悪いので、もう一度修理に出すか買い替えしなければならないのですが、
 その間タブレットを使うので調子が悪いと困るので。
 機械ものが調子悪いと、気がもめてほんとに嫌になります。
   2019年10月11日  朝顔
 ↑台風で倒れた緑のカーテンは、半分くらい刈込み剪定し、
ネットもなんとか張りなおしました。無事に朝顔が咲きました。
    いまだ電気が復旧していない地域がたくさんありますが、どんなにか大変なことだろうと思います。
   我が家は、週一回の生協の配達、たまに買い物という状態なので、
   冷蔵庫とミニ冷凍庫はいつもいっぱいなことが多いので、電気が通らなくなったら大変なことになります。
   2019年10月10日   美術部同好会
 東工大青山美術部ミニ同好会が開かれました。
 <東工大田町キャンバス、イノベーションセンター、産学連携談話室というところで>
 東工大のもと美術部員でアメリカで暮らしている方が、今、日本に戻っているので
 集まりたいということで開かれました。
 20名の参加でした。(早めに帰られた方もいたので写真では18名)
 大変懐かしい方にもお会いできて、楽しい集まりでした。
 皆さんお元気で若々しく、それぞれいろんな活動をしていて、その発表も華やかでした。
 (大学教授、建築家、高校教師、会社経営、ホログラフィーアーティストとして世界的に活躍されている方、
  社会的活動、ボランティア活動、趣味などの活動に励んでいられる方)
 ハーモニカを披露する人も、句集を見せてくれる方もいました。
 私は、絵以外何にもやっていないし出かけることもほとんどないので、話すことはあまりないのですが、
 ずっと絵を続けている人は、美術部でもあまりいないので、一応発表できることがあってよかったです。
   2019年9月9日  台風のあと

↑ゴーヤと朝顔は、ネットごと倒れていました。

↑ベランダのフェンスや壁や天井まで、
 ちぎれた葉っぱが張り付いています。
 ゴムの木やデユランタなど大きな木の鉢は
 倒れていました。
←小さいゴーヤは、強風でちぎれて、
  ベランダに転がっていました。
  ミニキュウリは無事で、たくさん収穫できました。
  2019年9月8日  北の空
↑北の空の雲  PM 5:00
夜に、非常に強い勢力の台風が 関東を上陸通過するということです。
   2019年9月6日  日の出

真っ赤な日の出 <AM5:26分>
    (ポーチから )
赤い太陽を赤く写すのはどうすれば
いいのでしょう?

もう少し前までは、左側の山の後ろから
日が昇ってきました.

<今日の東京の日の出 5:16分>

   2019年9月4日  ゴーヤ
ゴーヤは、網戸に絡みつき、窓の上まで伸びました。
さらに壁を這って伸びています。
ゴーヤチャンプルも もう3回作りました.
豚肉、豆腐、卵、ゴーヤで 夏のスタミナ食に良いですね。
今までは、あまり作ることはなかったのですが、
ゴーヤもあまり苦くなくて、おいしいです。

ミニきゅうりは、また新しく伸びてきて、
かわいい柔らかい実が次々採れます。

赤紫色と青色の朝顔もきれいに咲いています。
   2019年9月3日  一期展
第54回一期展も1ヶ月後に迫りました。
年をとると追い込みが利かなくなるし、
何が起こるかわからないから、
早めに仕上げようと思ってはいたのですが、、、
5月から始め、結局、予定より少しずつ遅くなり、
例年のようにぎりぎりまで描いていることになります。

トップページ      花日記<2019年7月8月>   過去花日記目次